プロットビュワーへの道

クリックして拡大表示/縮小表示します
ツリー型のプロット表示機能を作成中です。
今回は自動でウインドウを広げるようにしてみました。
知らない間にスキルは上がるものですね。
箱と、箱のグループを、それぞれドラッグ&ドロップで移動できるようにしていますが、まだコネクタの処理が不完全で、たぶんこの調整だけで丸一日かかると思うので、しばらく放置します。
箱の追加機能はコネクタの調整に比べればかなり楽なので、こっちを先にやります。
データの編集も簡単。
やっぱりコネクタがネックですね。項目を親よりも高い位置に移動させた場合どうするかとか、いろんな問題があります。
それから、いまはまだプレースホルダを置けないので、項目が1個しか無い段が強制的にセンタリングされてしまいます。

で、ここまで書いて思ったんですが、このツリー表示はお話の進展ごとに階層化して表示していて、それはきっとごく一般的な考え方だとは思うんですが、じゃあその仕様にあわせてゲームのシナリオを発想するのが正解かというとそうではないと思うのです。なので、決してこれは汎用的なものではないし、果たして汎用なんてものがあるのか、という疑問も湧いてきます。

でもまあ、書き始めちゃったので、とりあえずは仕上げたいとは思います。
春頃までには必ず!

ここクリックするとダウンロード
ここにファイルを放り込むと初期化

環境によっては読めないので、こっちにもコピペ。

ツリー型のプロット表示機能を作成中です。
今回は自動でウインドウを広げるようにしてみました。
知らない間にスキルは上がるものですね。
箱と、箱のグループを、それぞれドラッグ&ドロップで移動できるようにしていますが、まだコネクタの処理が不完全で、たぶんこの調整だけで丸一日かかると思うので、しばらく放置します。
箱の追加機能はコネクタの調整に比べればかなり楽なので、こっちを先にやります。
データの編集も簡単。
やっぱりコネクタがネックですね。項目を親よりも高い位置に移動させた場合どうするかとか、いろんな問題があります。
それから、いまはまだプレースホルダを置けないので、項目が1個しか無い段が強制的にセンタリングされてしまいます。

で、ここまで書いて思ったんですが、このツリー表示はお話の進展ごとに階層化して表示していて、それはきっとごく一般的な考え方だとは思うんですが、じゃあその仕様にあわせてゲームのシナリオを発想するのが正解かというとそうではないと思うのです。なので、決してこれは汎用的なものではないし、果たして汎用なんてものがあるのか、という疑問も湧いてきます。

でもまあ、書き始めちゃったので、とりあえずは仕上げたいとは思います。
春頃までには必ず!

Follow me!

コメントは受け付けていません。